一人暮らしでも育てやすい観葉植物

室内環境を改善するのに効果的なのが観葉植物です。


植物は一般的に二酸化炭素を吸着して光合成によって成長しています。

造花のリースに関してとにかく簡単に調べられます。

二酸化炭素は人間が生活する中で排出するものであるため、室内に置いておくと空気中のバランスを改善してくれるのです。
光合成の結果、人間に欠かせない酸素も生み出してくれます。

気密性の高い住居に暮らす私達にとって、新鮮な酸素を放出してくれる観葉植物は自然のエアコンディショナーとも言える存在です。


観葉植物のメリットは他にもあります。

花を咲かせることがないため長持ちするというのがそれです。
花を咲かせる植物はそのためにエネルギーを消費し、その場限りで枯れ落ちてしまうものもあります。
一方観葉が目的のものであればそれほどケアしなくても長く保ってくれます。

これは家の中にいる時間が短い一人暮らしの方にとってメリットで、一般的な花のような世話を必要としないため手間がかかりません。

肥料などを気にしなくても育ってくれるのも優れた点です。


きれいな花を咲かせるには頻繁に肥料をやる必要がありますが、観葉物であればたまに土を見て軽く湿らせる程度で育ち続けてくれます。



主にホームセンターやガーデニングショップなどで購入できるので、店頭に行って手頃なものを選んでみると良いでしょう。
育て方などについてもお店の方に聞くことでだいたいのことはわかります。



価格も100円程度から購入でき負担感もありません。

なお忙しい方は、ネットショップで買うのも一つの方法です。鉢ごと自宅まで届けてくれるので、持ち帰る手間を省けます。